【2019年8月】日本発着コスタネオロマンチカ乗船記④

お出かけ
スポンサーリンク

こんにちは、のいはるです。
この乗船記も4記事目となりましたが、まだ1日目が終わらないという…
乗船初日は内容が盛りだくさんですので、よければお付き合いください!

それでは、前回の続きです。

1日目のタイムスケジュール
  • 11:45 コスタネオロマンチカ乗船後客室へ。デッキ5のメインホールでクレジットカードの登録をする。
  • 13:00 避難訓練スタート。終了後、デッキ10のジャルディーノブッフェで軽く食事。その後船内探索へ。バーでドリンクパッケージを購入。
  • 18:00 デッキ11のナポリピッツァで軽く食事。
  • 19:00 デッキ8のグランドバー ピアッツァ イタリアでカクテルパーティー。
  • 19:30 デッキ10のジャルディーノで夕食。ドレスコード GALA(フォーマル)
スポンサーリンク

客室のベッドはツインからダブルへ変更してもらうことが可能

我が家は3人部屋の客室でしたのでツインベッドに2段ベッド1つという仕様でしたが、2段ベッドは使わずにダブルベッドにして3人で寝る予定でした。

早めに変更したかったので避難訓練で客室を出るタイミングで、ベッド上にPlease change to a double bed(ダブルベッドに変更してください)」と書いたメモを置いておきました。メモは客室にあったコスタのペンとメモを使わせていただきました。

船内探索から戻るときちんとダブルベッドにしてくれていました。ただ2段ベッド部分はそのままでした。わたしとしては2段ベッドも収納して欲しかったのですが、子どもが喜んで遊んでいたし後々洗濯物を干すロープを結べたりもしたので、結果そのままにしてよかったです!

のいはる
のいはる

収納させたい方は変更の時にその旨も忘れないように伝えましょう。

ここでようやくスーツケースを開き、荷物を片付けました。
他サイトで見たダニや虫に少しびびっていましたので、引き出し内を子どものおしりふきで掃除してから衣類を収納しましたよ!

おしりふきは本当に便利すぎアイテム!息子がオムツを卒業してもまだまだAmazon定期オトク便の設定をやめられません…


話を戻して…

客室の収納スペースは充分にありましたので、壁面の引き出しに衣類は全て入れることができ、アメニティ類も洗面スペースに収納。スーツケースはベッド下に収めてスッキリ片付けることができました!

スポンサーリンク

クルーズ船で本格的なピッツァを頂きます

まだかなぁー

夕食の時間まで待てず、18時からオープンのナポリピッツァで軽めの食事をしました。

オープンと同時に入店しましたがすでに3家族ほど先客が。こちらのピッツァは有料なのですが、焼きたてでとてもおいしいのにリーズナブルな価格ということで人気です。旅行中リピートしたかったのですが、席が満員なことが多くて結局この1回きりだけの利用となりました。残念!

ピッツァのサイズは結構大きくて、ひとり1枚は量が多いかもしれません。
軽く食べるぶんには大人ふたり+幼児ひとりで1枚をシェアしてちょうどいい量でした。
ピッツァ1枚にデザートが付いてくるのですが、この後のディナーのことを考えて遠慮しておきました。デザートは数種類から選べましたよ。

ちなみにピッツァの種類も豊富でした!
我が家は子どもと旦那さんの食べられるメニューが限られているので、シンプルにマルゲリータ(デザート付き。サーチャージ込で8.50ドル。)にしました。
焼きたてモチモチの生地とトマトソースのフレッシュ感がとてもおいしかったです!(時間がなく急いで食べたので写真を撮るのを忘れました…)

のいはる
のいはる

焼き上がりには少し時間が掛かります。注文から20分くらいは待ちましたので、時間には注意!

スポンサーリンク

初日のドレスコードはフォーマル

コスタネオロマンチカ乗船初日が船長主催のカクテルパーティーでした!

ドレスコードはGALA(フォーマル)です。
旦那さんはネクタイ着用のスーツ一式。
息子はキレイめのカラーパンツにシンプルなポロシャツと蝶ネクタイ、靴は黒のスニーカーで動きやすさ重視。
わたしはシフォン素材のドレスワンピースとヒールパンプスにして結婚式に出席できるような服装で行きました。シフォン素材だとシワになりにくいですし、何といっても軽いので荷物の軽量化にもおすすめですよ。

フォーマルに着替えてパーティー会場のデッキ8 グランドバー ピアッツァ イタリアへ移動します。

このパーティーは乗船中の全てのお客が参加できるのでかなりの混雑になります。そのためエレベーターもなかなか来ません(汗)階段の方が早いです。

会場は超満員!午後にドリンクパッケージを購入した時のゆったりした雰囲気とは一転、ライトアップされて全く別の雰囲気のバーとなっていました。

乗船したコスタネオロマンチカの船長です!

しかし人が多すぎる…。ソファー席も空いていないので、席を探してなんとかカウンターの方へ移動。カウンター付近はメインレストランでもあるボッティチェッリへの通路になっているので比較的空いていました。


カウンターにはフリードリンクとしてシャンパン、ジュース、カクテルなどがたくさん用意してありました。ジュースはやっぱり甘いー。カクテルも甘かったのでシャンパンをお代わりさせていただきました(笑)軽食やデザートもありましたよ。

カウンターはこの大きなillyカップが目印です。

船内の主要メンバー紹介の後、船長との写真撮影がありました。ここで夕食の時間になったのでレストランへ向かいます。

スポンサーリンク

夕食場所は客室によって異なるのでダイニングカードを確認しましょう。

乗船の際、客室のベッド上に置いてあった書類の中に夕食の時間が記載されているダイニングカードと呼ばれるチケットがありました。下の画像の半券のものです。

少し見づらいですが、我が家の夕食時間は「第2部」で場所はデッキ10のジャルディーノレストランと書いてあります。

ジャルディーノレストランへ向かい、入り口でこのダイニングカードを提示します。事前にテーブルが決められているのか、すぐに案内してくれました。

席は6人掛けのテーブル席で、先に来ていたご家族との相席でした。我が家と同じように小さい子連れのご家族でしたので、コスタ側の配慮なのかな?と思いました。
このご家族は同じく金沢からの乗船で、コスタに乗船するのは2度目だそう。子連れ旅行にコスタは楽だからおすすめと言っていました。他にも子育ての話をしたり、楽しくお話ししてくれました。

蝶ネクタイでおめかし

と、話が盛り上がったのにも理由がありまして…

のいはる
のいはる

注文した料理が全然来なーい!

パーティーだからスタッフ不足だったのかなー。ドリンクは早いのですが、最初の料理が運ばれてくるのがとても遅かったです。空きっ腹にビールだけ飲むハメになってしまった…

ちなみに料理は、メニューに載っているものを好きなだけ注文することができます。
キッズメニューも用意されています。大人用(?)メニュー内容は日替わりでしたが、キッズメニューは毎回同じ内容です。意外にもどれも薄味で作られていました。

子どもが大好きなポテトも控えめの塩味でした

上の写真のキッズメニューはたしかフィンガーチキン。チキンというメニュー名なのにほぼポテトという…最初それを知らずに別でポテトフライを注文してしまい、テーブルがポテトだらけになってしまいました(笑)

息子
息子

ちゃんとみんなでおいしくいただきました!

この日は初日ということもあり、さすがに疲れていたので食後は大人しく客室へ戻りました。

スポンサーリンク

実際のところクルーズ旅行は船酔いはするのか?

わたしは乗り物に酔いやすい体質で、旦那さんは船酔いだけする体質。よくクルーズ旅行なんてしたなーと今になっては思います(汗)

酔い止めは船内で無料でもらえるようですが、そんな体質なのですぐに飲めるように大人も子どももどちらも飲める酔い止めを用意しておきました。→こちら

初日の金沢から釜山への航路は揺れもほとんど感じないくらい少なく、全く酔うことなく過ごせました。

息子は乗り物酔いには強いようで終日元気いっぱい!結局持参した酔い止めは大人だけ飲むことに…

また詳細は後の記事で書こうと思います!

つづく→コスタネオロマンチカ乗船記⑤