年少の子どもがいる主婦の働き方とは?

育児
スポンサーリンク

こんにちは、のいはるです。

もう1月3日ですね。日の進みが早すぎる!

わたしの仕事は販売業なので、昨日から仕事が始まっております。冬のセール真っ只中です。

旦那さんと息子は義実家へ帰省中。カレンダー通りの休みだと、保育園が休みの時に子どもの預け先の心配がなくてありがたいー!

夫婦で異業種の仕事にしてよかった…

ということで(⁈)、今日の本題です。

スポンサーリンク

子どもと一緒にいられる時間は短い。だからこそ後悔しないでやり切りたい!

先日の記事にも書きましたが、わたしがこのブログを始めた理由というのはこれからやってくる小1の壁を越えること。

正確には、小学生の下校時間に間に合うよう仕事を終わらせて家で子どもの帰りを迎えたいということです。

帰宅時間の問題なら学童に預ければいいじゃないと言われることもありますがそういう事ではないのです。

決して学童や民間の塾が嫌というわけではありません。

限りある、子どもと過ごせる時間の中で、自分がしたい育児って何だろうと考えて出した答えがこれなのです。

子どもと一緒の時間はあっという間に過ぎていきます。息子はもう来年度には年少クラスです。本当に早い。

反抗期になると会話もしてくれないかも知れないので(笑)。今のうちに、子どもの話しをたくさん聞いて子どもの『〇〇やりたい』の気持ちを応援して、勉強のサポートをして、栄養の整ったごはんを作って…

どこまで満足に出来るかはわからないけれど、子どもにとっても家族にとってもいい結果となるように努力をしたいと思いました。

そうなると考えなければいけないのが、これからの働き方なのです。

スポンサーリンク

今1番欲しいものは『子どもとの時間』

わたしは今の会社でちょうど10年。前の会社も同業種でしたので、販売業としては17年経ちます。

飽きっぽい性格のわたしが続けられたのは、単純に『仕事があっていた』のでしょう。好きかと聞かれたら素直に頷くことはできませんが(笑)

それでも希望が通るなら続けたいと思うくらいではあります。

息子も成長と共に体力がつき、生活サイクルも変わってきました。

現在保育園の預かり延長を19時までお願いしていますが、そこから家に帰ってごはん・お風呂・寝かしつけ…すぐ寝てくれるならいいのですが、息子は体力が有り余っていてなかなか寝付いてくれないのです。

そろそろ家庭学習も取り入れたいけど、それ以前に帰ってきてから一緒に遊ぶ時間が欲しい!

我が家は平日はほぼワンオペです。息子が後は寝るだけというタイミングで旦那さんが帰ってきます(汗)

わたしがせめてもう少し早く帰れたら…

このままではダメになる!と思い、意を決して先日、上司に1日の労働時間の短縮を相談しました。

希望は16時半まで、せめて17時までの勤務。子どもが小学校に上がってからは下校時間に間に合うように。

…ですがあまりいい返事はもらえませんでした。特に後者は絶対に無理だとの事。

従業員が少ないので可能性は低いと思っていましたが…やはり残念な結果でした。

だからといって子どもとの時間を作ることは諦めたくありませんし、このままでは壁を越えられません。

今の職場は環境がいいだけに名残惜しく思いますが、転職という選択を考えようと思いました。

スポンサーリンク

どの働き方がいいのか

時短勤務が出来ないのなら、希望を叶えるためにはパートタイムで働くことになりますよね。

世の中には様々な仕事がありますが、いざ転職を考えると時間や給与、環境や場所…悩みます。なんせ10年振りの転職ですから(汗)

ブログを開始した頃は在宅の仕事を小学校入学までに始めたいと考えていたのですが、これを機にいまから本格的にしていくか…

とにかく下校時間までに退勤できる仕事、頑張って探さねば。

また進捗を記事にしたいと思います。