子持ち共働き主婦が在宅で働くことを目指した理由

ブログについて

小さい子供がいる主婦なら、おそらく一度は考えることではないでしょうか。

家で仕事ができたらいいな、と。

家の外での仕事も在宅の仕事もどちらも大変で、それぞれに良いところと悪いところがありますよね。

私が思う在宅の仕事のメリットは、なんと言っても時間の調整が自由に効くところだと考えています。特に子供が病気になった時に『自分で』『自宅で』看病できることは、体力的にも精神的にもメリットだと感じます。

このブログを立ち上げた理由と目標を見失わないように、なぜ在宅で働くことを目指したのか、こちらの記事にしておこうと思います。


職場復帰してからの大変さは想像以上!

かわいい我が子と平和に過ごした育児休暇を終えての職場復帰。

気持ちを切り替え、久しぶりの仕事に意気込んで1ヶ月。育児と仕事の両立は想像以上に大変で、私の体力は早くも限界にきていました。

のいはる
のいはる

育児休暇中にかなり体力が落ちていたことに気づきました。

体力づくりしとけばよかった…

そのせいで疲労感は取れず体調も崩しやすい状況が続きました。

体調管理は大事です!良ければこちらもご覧ください。

保育園入園、職場復帰をする前にしておきたいこと
こんにちは、のいはるです。育児休暇を終えて職場復帰されるお母さん、お父さん。本当にお疲れ様です!入園前のこの時期は、準備しなくてはいけない事がたくさんあるので大変ですよね。布続く

自分の時間も思うように取れず、1日で30分も取ることが出来ればいい方。子供はすぐにおもちゃで遊びたいと愚図るので、自分の夕飯は遊んでる子供を見守りながらキッチンで立って食べてました。

休みの日は夫が子供の相手をしている間に家の片付けや離乳食の冷凍ストック作りとおかずの作り置きで半日を消費し、子供との時間を取るために外へ遊びに行きあっという間に休みが終了。

そんな日々が1年半過ぎました。

在宅で働きたいと思ったきっかけ

ある日、子供が眼窩蜂巣炎(がんかほうそうえん)に罹ってしまいました。

のいはる
のいはる

片目が殴られたように青く腫れ上がりました。びっくり!

この病気は細菌性で周りに感染する恐れがあります。その為医師から登園許可書をもらうまで保育園を10日以上もお休みをしました。

その時の私の頭の中はどうやって休みをやり過ごすか、もうパニック状態!

職場は少人数のため何日も休みを取ることが難しく、かなり無理をして休みを調整。夫、私の実家で何とかやり過ごしました。(感染の恐れがあるため病児保育は不可でした。)

いくら気をつけていても子供からの感染力は強く、私は軽度の結膜炎になり私の母(ばぁば)も結膜炎に。しかも今までに見たことのないほど目の周りが腫れて大変な思いをさせてしまいました。

子供を実家で預かってもらえるのはとてもありがたいことですが、やはり両親に感染してしまうのは申し訳ないし、高齢なので悪化の心配もあります。

職場の人たちは快く仕事を代わってくださいましたが、迷惑をかけてしまったことの罪悪感。今回は休まなければいけない日数も多かったのでいつも以上に辛かったです。

何より、子供のことよりも仕事の心配をしなくてはいけない。ずっとそばにいてやれない、そんな状況に心底落ち込みました。

それと同時に、ふと思ってしまったのです。

何でこんな思いをしてまで働いているんだろう…と。

働くための条件

それからは働き方について真剣に考えるようになりました。

これだけは最低限クリアしたい!

  • 子供の急な病気でも他に迷惑をかけることなく自分で看病できる。
  • 子供との時間が充分取れる。
  • 通勤時間があまりかからないようにする。
  • これから必ず迎える小1の壁を乗り越えられる働き方にする。

子供の急な病気でも他に迷惑をかけることなく自分で看病できる

在宅で働こうと考えるきっかけになった子供の病気。

病気になったとしても、せめて罪悪感や仕事のことを考えずに子供のことだけを思って看病できるようになりたい。

急な病気でも他に迷惑をかけることなく、自分でスケジュールを決められる仕事。そんな仕事を見つけようと思いました。

子供との時間が充分取れる

今の仕事はシフト制のため土日両方休めることはほとんどありません。平日に休みが取れるのはいいのですが、家族3人で出かけた時の子供の嬉しそうな笑顔を見るとやはり家族揃って出かける回数を増やしたいなと考えています。

みんなでお出かけ楽しいね!

のいはる
のいはる

そう言われた時は涙が出ました…

子供の成長はあっという間ですし、もしかしたら最初で最後の子育てになるかもしれないと思うとなるべく後悔のない子育てをしていきたいなと思うようになりました。

通勤時間があまりかからないようにする

限られた時間で家事・育児・仕事をこなすとなると、当然時間を無駄にはできません。

1日は24時間。体調管理のために睡眠時間は削れないとなると、電車やバスに長時間揺られているわけにはいかないのです。

自宅から近場だと保育園からの急な呼び出しにもすぐ対応できますし、災害時も少しは安心できる!

これから迎える小1の壁を乗り越えられる働き方にする

このブログのサブタイトルにもあるように育児には様々な壁がありますが、私に取って大きな壁はこの小1の壁です。

働き方を考えるようになったとき、小学生の子供を持つ友達の先輩ママに話を聞いてみました。そのママが言うには、「保育園は本当にありがたかった。小学生になると帰りは早いし学校内の学童は人気で入れないし、他の民間学童に入れたけど大変だったよ。」と。

その話を聞いてハッとしました!

息子はまだ2歳で小学校に上がった時のことなど想像すらしていませんでした。小学校に上がると保育園のようにはいきません。特に小学1年生は帰りの時間が早いのです。

今の仕事の就業時間では到底帰りの時間に間に合わないし、学童にお願いしたとしても延長してギリギリの時間。学童に楽しく通ってくれるかどうかも入ってみないとわからない。学童の他にやりたい習い事があったら?外で元気に遊ぶ方が好きな気がするし…

何より学校から帰ってきたら、おかえりと言ってあげたい。

私の母がしてくれたように、当たり前におかえりを言っておやつを食べて宿題を見て学校であった出来事を聞いてたくさん話をしたい。

せめて小学校の間はそんな生活をしたいと思ったのです。

働くなら学校から帰ってくる時間に間に合う仕事にしようと決めました。

のいはる
のいはる

話を聞いてよかった!自分のやりたいことが見えてきました。

全ての条件を満たす仕事。それは在宅で働くこと!

早速、条件に合いそうな仕事がないか休憩時間にスマホで検索しまくりました!(内職系の仕事は選択に入れていません。)

  • 休みの融通か利く→従業員の多い工場など→自宅近くにはなく通勤時間がかかる❌
  • 短時間のパート→自宅近くにあり、帰宅時間に間に合いそう→急な休みは難しい❌
  • 在宅ワーク可能な案件→経験者などスキルに引っかかる❌
のいはる
のいはる

早くも挫折しそう(泣)。

色々と検索をしているうちにweb関連の求人が多いことに気づきました。でもPC初心者だし、ライティングなんか向いてないしとスルーしてました。が、「これだけ求人があるなら何かしら仕事があるかも…?息子が小学生になるまであと4年、webの勉強を始めるなら今しかない!」

そう決意し始めたのがこのブログです。

WordPressでブログを始めた理由

ブログを始めた理由はwebの勉強をするにはブログを始めるのが良いという記事を読んだから。

そしていきなりWordPressで始めた理由は、ブログの先輩方が良いと記事でオススメしていたから!

のいはる
のいはる

なんて単純(笑)

それに関連記事が多いので、設定等で困った時は検索するとヒントがたくさんあってすごく助かります。

こうして私は無謀にもブログを始めました。

元々文章を書くことが苦手で時間がない中での記事作成はなかなか進みませんが、何とか壁を越えるべく頑張って勉強していこうと思います。

また、同じように育児と仕事の両立に悩んでいる方の参考のひとつになれたらと思います。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!